富士山自然学校(株)自然観察会会員規約

制定・施行:201421

第一条 本会は富士山自然学校(株)自然観察会と呼ぶ。

 

第二条 本会は富士山自然学校(株)自然観察会を通して広く自然界の生物多様性を理 

   解するとともに、その保全に努め生物多様性を後世に残し、伝えることで総ての 

   人々の生涯育成と交流を目的とする。

 

第三条 入会及び会費

   会員は富士山自然学校(株)入会申込を行って受付・入会許可された会員によっ 

  て構成される(入会はホームページのフォーマットに必要事項を記載して申込を行

  う)

.会員の入会費及び年会費は無料とする。

 

第四条 会員の退会及び除名

  会員は個人の事情により退会届を提出して退会することができる。また以下の各項

  に該当した場合除名の対象とする。

1. 本会の会員として相応しくない行為が有った者は運営委員会の議決により退会させることができる。

2. 観察会で得た生育地情報はむやみに外部へ漏洩してはならない。

3. ホームページなどで公開する場合生育地の判断出来る情報を掲載してはならない。

4. 観察会の際及びその情報を基に生息、生育生物の採取・損傷を行った場合。

5. 観察会の際に自然界への配慮が極端に欠けた行為のあった場合。

6. 観察会運営に支障をきたす行為(集合時間の遅延・注意事項違反・会員に相応しくない行為)

7. 観察地を再度訪れる場合本人のみとする(この場合代表の許可を得る)・会員以外の訪問を禁止する。

8. 学会・論文などで公開する場合運営委員会にその内容を提示し同意を得る。

 

第五条 運営委員会

 会の運営に関する総ての事項は運営委員会で討議する。

1. 議決の必要な事項は出席者の過半数を持って議決する。

2. 運営委員会への参加資格は総ての会員にあるものとし、選任は事務局が行い定足数は特に設けない。

3. 運営委員会は富士山自然学校(株)代表が招集する。

 

第六条 観察会をキャンセルした場合の措置

1. 実行当日キャンセルした場合参加費の全額を請求する。

2. 実行3日前にキャンセルした場合参加費の50パーセントを請求する。

3. やむを得ない事情と事務局が判断した場合この限りではない。

 

第七条 定員オーバーの場合の措置

 定員を大幅にオーバーした場合実行日を2班に分割して実行することとする。この場 

 合、定員に達した時点で1班とし、定員オーバーの班を2班とする。

 

 ※ 本規定は2014年4月1日より施行する。