このページは HOME > 活動計画 のページです。

活動計画

年間活動計画

日程 計画内容 募集人数 詳細
2017年9月3日)(日) 2017年:富士山自然学校(株)9定例観察会(トラキチラン、ホソバアカバナ・ヒメアカバナ、タカネフタバラン、ヒメハナワラビ、タカネアオチドリ・オオサワトリカブト他) 先着15名  
2016年6月 2017年6月会員限定特別観察会「青木ヶ原樹海のコアツモリソウ、ジガバチソウ他観察会」を実施します。
野尻草原〜青木ヶ原樹海のコアツモリソウ、ジガバチソウ他を観察する。
定員:先着15名 イベント情報欄を参照
2017年6月25日(日) 2017年 : 富士山自然学校(株)6月定例観察会(フガクスズムシソウ、ヤシャビシャク、ムヨウイチヤクソウ、スギラン他) 定員:先着15名  
2017年6月11日(日) 2017年 : 富士山自然学校(株)6月定例観察会(三つ峠観察会【ヤマナシウマノミツバ.キバナノアツモリソウ.ムラサキツリガネツツジ.シロドウダンツツジ.カモメラン.シロバナカモメラン.アツモリソウ他)
ベニバナヤマシャクヤク・アツモリソウ・ハコネラン、他
会員限定先着20名 イベント情報に掲載
2017年5月28日(日) 2017年:富士山自然学校(株)5月会員限定特別観察会(ホザキツキヌキソウ他)
ホザキツキヌキソウ他の会員限定特別観察会
会員先着15名 イベント欄参照
2017年5月8日(日) 2017年5月8日:5月定例観察会「早春のスミレ観察、キスミレ、ヒメスミレサイシン、トウゴクサバノオ、ホソバノアマナ、ヤマウツボその他」    
2017年5月14日(水) 2017年5月14日定例観察会「三つ峠の特殊植物観察会、ヒョウタンボクの仲間各種、クモイコザクラ、ヤマナシウマノミツバ他」   イベント情報欄を参照
2017年5月3日(水)憲法記念日 2017年5月特別観察会【ユウシュンラン、オキナグサ、ヤマブキソウ他】    
2017年4月2日(日) 2016年:富士山自然学校(株)4月会員限定特別観察会(カヤラン、コケイラン、ジロボウエンゴサク、ヨウラクラン他) 20名 イベント情報に掲載
2017年4月9日(日) 2017年:富士山自然学校(株)4月定例観察会(カイコバイモ、アズマイチゲ、ヒメアマナ、コケイラン、カギガタアオイ他の観察) 20名 イベント情報に掲載
2017年4月2日(日) 2017年4月会員限定特別観察会(ベニカヤラン、コミヤマスミレ、ハナネコノメ、コガネネコノメ、ヨウラクランその他春先植物の観察)    
2017年3月19日(日) 2017年・富士山自然学校(株)3月定例観察会(滝戸山のコシノコバイモ、渓流に咲くミチノクフクジュソウ、ミスミソウ、シュンラン、ヤマウグイスカグラ他)
「スプリング・エフェメラル」滝戸山のコシノコバイモ・ミスミソウ他春先植物の観察会
一般公募、定員20名 イベント情報欄に掲載

ページの先頭へ

活動計画実績

日時 活動内容 詳細
2009年 2010 年富士山の自然(インストラクター必携のフィールドガイドブック)出版
2008年11月18日 第一回青木ケ原樹海世界文化遺産生態系現地調査
2009年4月7日 第二回青木ケ原樹海世界文化遺産生態系現地調査
2009年5月4日 第三回青木ケ原樹海世界文化遺産生態系現地調査
2009年5月23日 第四回青木ケ原樹海世界文化遺産生態系現地調査
2009年6月20日 第五回青木ケ原樹海世界文化遺産生態系現地調査
2009年 河口湖における生物多様性(維管東植物)現地調査を実施
2009年 富士北麓地域の薬膳・薬用植物出版
2008年〜2009年 北富士組合有地における生態系多様性調査を受託・実施
2009年 山中湖交流プラザフィールドガイドブック編纂・執筆
2009年 北富士組合有地フィールドガイドブック編纂・執筆
2007年 青木ケ原樹海に埋もれた戔の海、古戔の海の全容は(熔岩樹型・熔岩洞窟の分布調査から) The whole aspect ofsea bmed amongAokigahara Lava floes From the distributional of a lava tree type/the lava cave.
2004年 富士学会論文:青木ケ原熔岩流東縁の地形・地質と熔岩樹型分布の関連性を発表 GeograPhical feattire of the Aokigahara field lava flow east an edge relence of geology and leva tree mold type distribution.
2000年 富士学会論文:樹木の炭化と楼閣場熔岩樹型の生成プロセスを発表 The cabonization process of the tree stirrounded by lava is alsa discussed in getail.
2006年 大平山におけるエコツーリズム推進事業(現地調査)山梨県協働事業を実施
2005年〜2007年 高指山ヒオウギの里環境整備事業(山梨財団助成事業)を実施
2005年〜2009年 電通人インストラクター養成講座講師(電通本社)
2007年〜2009年 郡内地域小学校へ科学教室出前講座を実施
2009年〜 富士吉田市第5保育園自然学習出前講座
2000年〜 富士山北麓地域のエコツアーを実施
2007年〜 富士五湖地域の環境美化活動ツアーを実施
2009年 小原流挿花(月刊誌)特集:富士山の自然環境と植物相を執筆
2008年 日本交通公社「観光文化」特集:愛しの富士山「富士山の自然の魅力と価値を語り伝える」執筆
2003年 環境省:第6回基礎調査・生物多様性地域調査(富士北麓地域)「高山・亜高山帯の植物相」「二次草原の植物相」執筆
2007年〜2009年 環境省助成グリーンワーカー事業受託実施(青木ケ原樹海の環境美化活動)
2008年〜2009年 富士河口湖町小立土地開発事業に係わる環境影響調査(植物相)を担当
2007年〜 山梨県稀少植物分布追跡調査(県東部富士五湖地域)
2009年 富士山の薬草と薬膳植物出版:富士山自然学校(株)

富士山自然学校事務局
〒401-0320 山梨県南都留郡鳴沢村2311-1
渡 辺 長 敬
TEL:0555-85-2386

問い合わせ


ページの先頭へ