このページは HOME > 自然観察日記一覧 のページです。

自然観察日記一覧

今年のスミレ調査  スミレ2種 変種か? 新種か? 交雑種か?
今年のスミレ調査  スミレ2種 変種か? 新種か? 交雑種か?
2016年04月21日
今年のスミレ調査  スミレ2種 変種か? 新種か? 交雑種か?
富士山自然学校会員の皆様に協力のお願い。
富士山自然学校会員の皆様に協力のお願い。
2016年02月27日
昨年観察会で遭遇したトンボソウ(SP)の検討を行っています。ラン科の専門の先生に同定をお願いしていますが、会員の皆様にもトンボソウと遭遇した場合に詳細な観察記録を取って頂くようお願いします。
2015改訂【インストラクターのためのフィールドガイド講座【 知っておきたい青木ヶ原樹海の遷移過程について)(3)山梨植物研究第23号より。】
2015改訂【インストラクターのためのフィールドガイド講座【 知っておきたい青木ヶ原樹海の遷移過程について)(3)山梨植物研究第23号より。】
2016年02月27日
《正確な情報伝達の必要性》
青木ヶ原樹海の植生遷移について様々な議論があり、西湖蝙蝠穴の観察路に掲示した解説版では、青木ヶ原樹海の植生についてツガ、ヒノキ、ゴヨウマツなどの針葉樹にミズナラ、カエデ類の広葉樹を交えた安定した極相林となっている。等の解説表記があり、現況とまったく異なった解説がなされている。
ここでは、山梨生物No44に報告された小林 岳「青木が原の植生について」を参考として「富士山世界遺産のための基礎調査」及び「スギ原生林の発見と調査」の結果と対比して、現況と今後の植生遷移の方向性を探ってみる。
日本産新種のラン科植物を発見(近く観察会を実施する。)
日本産新種のラン科植物を発見(近く観察会を実施する。)
2015年07月17日
日本産新種のラン科植物を発見(近く観察会を実施する。
1 2 3 4 5 6 7


ページの先頭へ