このページは HOME > イベント情報 > 7月会員限定特別観察会「アシタカジャコウソウ・ミヤマアキノノゲシ・オオモミジガサその他」の観察 のページです。

7月会員限定特別観察会「アシタカジャコウソウ・ミヤマアキノノゲシ・オオモミジガサその他」の観察

[更新日]: 2017年02月16日

7月会員限定特別観察会「アシタカジャコウソウ・ミヤマアキノノゲシ・オオモミジガサその他」の観察

【7月会員限定特別観察会実施計画】
☆ 実 施 日:7月30日(日)
☆ 集 合 時 間:午前9時(午後4時解散予定)
☆ 集 合 場 所:富士山自然学校(株)事務所(道の駅なるさわの先約300富士山側の売店駐車場)電車利用の方は河口湖駅着8時43分着(河口湖駅より送迎します)
☆ 参 加 費 用:会員限定1名¥4,000(傷害保険・移動交通費他)
☆ アシタカジャコウソウは富士山南面の愛鷹山で発見された植物です。
 ジャコウソウやタニジャコウソウと異なり、株立ちして花茎は叢生し、丈は前2種よりも低く、40cm程度。山梨県では昨年初めて発見された。現在では発見地の愛鷹山でも稀にしか見られない希少種です。
【画像】
アシタカジャコウソウ(シソ科・ジャコウソウ属)Chelonopsis yagiharana
ジャコウソウよりも小柄で茎は丸く、葉の基部は耳状に張る、葉柄・萼、茎に開出毛が密生し、花は全体に濃赤紅色1〜6個の唇形花を葉梢に輪生状に着ける。ジャコウソウは下唇が白色を帯るが、アシタカジャコウソウは赤紅色。富士山周辺の山地〜亜高山に稀に生育する希少種。


アシタカジャコウソウ(シソ科)Chelonopsis yagiharana 葉には短い葉柄があり、基部は耳状に張り出す。

アシタカジャコウソウ(シソ科)Chelonopsis yagiharana 葉には短い葉柄があり、基部は耳状に張り出す。

アシタカジャコウソウ(シソ科)Chelonopsis yagiharana 筒状花の裂片は下唇が長く、赤紅色で、ジャコウソウの様な白色にならない

アシタカジャコウソウ(シソ科)Chelonopsis yagiharana 筒状花の裂片は下唇が長く、赤紅色で、ジャコウソウの様な白色にならない

ミヤマアキノノゲシ(キク科)Lactuca triangulata 茎は丸く1m以上にもなり葉は三角状で互生し上部の葉はしだいに広卵形〜被針形

ミヤマアキノノゲシ(キク科)Lactuca triangulata 茎は丸く1m以上にもなり葉は三角状で互生し上部の葉はしだいに広卵形〜被針形

ミヤマアキノノゲシ(キク科)Lactuca triangulata 葉柄に翼があり、茎を抱く。葉裏は白色を帯びる。

ミヤマアキノノゲシ(キク科)Lactuca triangulata 葉柄に翼があり、茎を抱く。葉裏は白色を帯びる。

ミヤマアキノノゲシの花 Lactuca triangulata 黄色の花弁の先は細かい距歯だある。

ミヤマアキノノゲシの花 Lactuca triangulata 黄色の花弁の先は細かい距歯だある。

オオモミジガサ(キク科)Miricacalia makinoana 葉縁は7深裂し、更に裂片は細裂する。

オオモミジガサ(キク科)Miricacalia makinoana 葉縁は7深裂し、更に裂片は細裂する。

オオモミジガサの花(キク科)Miricacalia makinoana 茎頂に横向きの褐色の花をまばらにつける。茎・萼・花筒に開出毛が密生する。

オオモミジガサの花(キク科)Miricacalia makinoana 茎頂に横向きの褐色の花をまばらにつける。茎・萼・花筒に開出毛が密生する。

オオヤマサギソウ(ラン科) Platanthera sachalinensis 距はやや下方に長く伸び長さ約2cm。

オオヤマサギソウ(ラン科) Platanthera sachalinensis 距はやや下方に長く伸び長さ約2cm。

オオヤマサギソウ(ラン科) Platanthera sachalinensis 葉は下部にのものが大きく2枚、上部はしだいに被針形となる。花は総状に茎頂に集まって咲く。

オオヤマサギソウ(ラン科) Platanthera sachalinensis 葉は下部にのものが大きく2枚、上部はしだいに被針形となる。花は総状に茎頂に集まって咲く。

オオヤマサギソウ(ラン科) Platanthera sachalinensis 上顎片は兜状、側花弁は平開し、唇弁は後方に反曲する。

オオヤマサギソウ(ラン科) Platanthera sachalinensis 上顎片は兜状、側花弁は平開し、唇弁は後方に反曲する。



ページの先頭へ