このページは HOME > イベント情報 > 5月会員限定特別観察会【富士山周辺のテンナンショウ属植物の観察】 のページです。

5月会員限定特別観察会【富士山周辺のテンナンショウ属植物の観察】

[更新日]: 2017年02月10日

5月会員限定特別観察会【富士山周辺のテンナンショウ属植物の観察】

観察会【富士山麓のテンナンショウ属の植物観察会実施計画】
☆ 実 施 日:【 5月21日(日)】
☆ 集 合 時 間:午前9時(午後3時解散予定)
☆ 参 加 費 用:会員3,500(傷害保険費・移動交通費・その他)
☆ 集 合 場 所:自然学校売店駐車場(なるさわ道の駅から本栖湖方面に300m富士山側の駐車場)
☆【 富士山周辺で見られるテンナンショウ属の植物】
  オドリコテンナンショウ・イズテンナンショウ・ヤマグチテンナンショウ・ヤマザトテンナンショウ・ミミガタテンナンショウ・シコクヒロハテンナンショウ・ミミガタテンナンショウ・スルガテンナンショウ・ヤマトテンナンショウ・ミツバテンナンショウSP その他
【画像】オドリコテンナンショウ、サトイモ科(Arisaema aprile)
静岡県伊豆半島で確認され、オドリコテンナンショウの名が与えられた。
サトイモ科の伊豆地方固有の植物とされているが、富士山麓の3合目で2014年に富士山で発見したもので、ブナ帯の樹林下に生える希少な植物である。草丈はサトイモ科の中では低く、15〜30cm前後で、葉は2個。小葉は5枚で葉縁に距歯があり、葉よりも花が早く展開し、葉は後から開く。写真のように紫褐色の縦縞が目立つ。テンナンショウ属の集団は、無性株から雄株へ、雄株から雌株へ、また両性株へと成長に伴って性変化する。通常は葉は1〜2個で、それぞれの葉には、小葉がつき、種や生育状況によって小葉の枚数が異なる。


イズテンナンショウ、Arisaema izuense 葉は1個で花径は3〜5cmと葉柄よりも短く、小葉は9〜21枚以上にもなり、先端は巻き上がる。仏炎苞は長く前に垂れ下がり、淡褐色の縦縞がある。

イズテンナンショウ、Arisaema izuense 葉は1個で花径は3〜5cmと葉柄よりも短く、小葉は9〜21枚以上にもなり、先端は巻き上がる。仏炎苞は長く前に垂れ下がり、淡褐色の縦縞がある。

イズテンナンショウ、Arisaema izuense 付属体は先が肥厚した紫褐色で弦部より、やや長い。

イズテンナンショウ、Arisaema izuense 付属体は先が肥厚した紫褐色で弦部より、やや長い。

オオマムシグサ(Arisaema serratum)茎は40〜100cmと長く、葉は2個、小葉は9〜25枚つき、先端は巻き上がる。

オオマムシグサ(Arisaema serratum)茎は40〜100cmと長く、葉は2個、小葉は9〜25枚つき、先端は巻き上がる。

オオマムシグサの仏炎苞と付属体、Arisaema serratum 付属体の先は肥大し、緑白色〜淡褐色の斑紋があるものまで多様。

オオマムシグサの仏炎苞と付属体、Arisaema serratum 付属体の先は肥大し、緑白色〜淡褐色の斑紋があるものまで多様。

オドリコテンナンショウに似るが葉は2個で、現在種を解明中の新しい古来。

オドリコテンナンショウに似るが葉は2個で、現在種を解明中の新しい古来。

ミツバテンナンショウに似ているが葉は2個で小葉は3枚、葉縁に粗い距歯があるなどはミツバテンナンショウと異なり、現在種を解明中の新たな個体。

ミツバテンナンショウに似ているが葉は2個で小葉は3枚、葉縁に粗い距歯があるなどはミツバテンナンショウと異なり、現在種を解明中の新たな個体。

スルガテンナンショウArisaema yamatense ssp. Sugimotoi 葉は2個。仏炎苞は淡緑色、付属体の先端は鉤形に曲がる特徴がある、静岡県〜山梨県に分布。

スルガテンナンショウArisaema yamatense ssp. Sugimotoi 葉は2個。仏炎苞は淡緑色、付属体の先端は鉤形に曲がる特徴がある、静岡県〜山梨県に分布。

ヤマグチテンナンショウ Arisaema suwoense  湿った草地や疎林の林下、林縁。高さ20〜40cm。花期は5月。鞘状葉や偽茎は淡緑色か淡紫褐色で、班がほとんどない。葉は1(-2)個、小葉は7〜9枚。花序は形状がオオマムシグサに似るが、花序柄は短く、葉と同じ高さか低い。仏炎苞は紫褐色で緑色が混じり、舷部は内面に隆起脈があり、やや外曲して前に垂れ下がる。付属体は棍棒状で黄白色、紫の班がある。

ヤマグチテンナンショウ Arisaema suwoense  湿った草地や疎林の林下、林縁。高さ20〜40cm。花期は5月。鞘状葉や偽茎は淡緑色か淡紫褐色で、班がほとんどない。葉は1(-2)個、小葉は7〜9枚。花序は形状がオオマムシグサに似るが、花序柄は短く、葉と同じ高さか低い。仏炎苞は紫褐色で緑色が混じり、舷部は内面に隆起脈があり、やや外曲して前に垂れ下がる。付属体は棍棒状で黄白色、紫の班がある。

ヤマトテンナンショウ Arisaema longilaminum 高さ40〜70cm。花期は5〜6月。鞘状葉や偽茎は淡緑色で班が目立たない。葉は2個、葉軸は発達し、小葉は7〜17枚。仏炎苞は葉に遅れて開く。仏炎苞筒部は緑紫色をおびた白色、口辺は狭く開出し、舷部は濃紫色でやや下向きに長く伸びる。舷部内面は脈が著しく隆起する。付属体は細い棒状。

ヤマトテンナンショウ Arisaema longilaminum 高さ40〜70cm。花期は5〜6月。鞘状葉や偽茎は淡緑色で班が目立たない。葉は2個、葉軸は発達し、小葉は7〜17枚。仏炎苞は葉に遅れて開く。仏炎苞筒部は緑紫色をおびた白色、口辺は狭く開出し、舷部は濃紫色でやや下向きに長く伸びる。舷部内面は脈が著しく隆起する。付属体は細い棒状。

ヤマトテンナンショウ Arisaema longilaminum 付属体は濃紫褐色〜褐色。弦部の縦縞は濃淡が多様。

ヤマトテンナンショウ Arisaema longilaminum 付属体は濃紫褐色〜褐色。弦部の縦縞は濃淡が多様。



ページの先頭へ